インターンシップの受け入れ

2016.4.29

NPO法人アクションポート横浜よりお話を頂き、大学生のインターンシップを受け入れさせて頂きました。

 

IMG_2813 (1).JPG

 

学生の皆さんに上場企業にはない、中小企業ならではの、なまの現場力を感じてもらえればという事で、この機会を作らさせて頂きました。

学生の皆さんは、東京農大大学などの現役の学生です。

大学では、『食』の遺伝子などを研究されておりますが、その『食』が口に運ばれる現場では、どのように考えられているか・どのような形になっているか・どのような事を求めているのか、などを、見ていただければと思っております。

 

今回、夏の婚礼メニューの試作会を見てもらいました。

HANZOYAでご提供されている料理の数々や、それに対するスタッフの意見など、夏メニューに向けて、どのように決めているのかという現場です。

 

IMG_7973.JPG

 

味だけではなく、料理の見え方、彩り、器のこだわりなど、最高の1品としてお出しできるように、スタッフで話し合っていきます。

召し上がったお客様に笑顔と感動をあたえる。それが、レストランです。

 

IMG_7972.JPG

 

一緒に参加してくださった学生さんは、『お客様目線』を感じたと話してくださいました。

いままでは、食べ物という単体で研究をしていたが、その先には食す人がいて、その人が味だけではなく見たり感じたりして楽しむということもあるのだと、感じたそうです。

 

IMG_7969.JPG

 

また、私達HANZOYAスタッフも学生さんの話を聞いて、刺激になったり為になることも多くありました。

普段は、あまり考えていなかったコースの名前に魅力を感じてくださったり、スタッフでは感じる事が出来なかった料理のプラス面やマイナス面を指摘してくださったり・・・。

『食』に携わる研究者という面と、学生という面の両面での意見が参考になりました。

 

学生が就職する前に、現場を見ていただくことは、とても大きな財産になると思います。

私達企業としても、これから新たな力になっていく若者たちへこういう機会を作っていくことにより、今後の明るい未来になると考えます。

また、中小企業の良い面を学生に見ていただくことによって、企業の発展にもつながると思っております。