穀菜食の料理セミナー

2016.7.21

先日、HANZOYAの休館日を使い、『クックハーモニー』さん主催の料理セミナーの会場・料理提供に協力させて頂きました。

この日は、大森一彗先生を招いてのセミナー。

大森先生は、「その人の体質に応じた食事」を提唱する穀菜食(マクロビ料理)を教えてくださる先生です。

この日のセミナーのテーマは、『食で出来る手当』です。

食からの体調管理や、病気や怪我をした時の食による手当。

このように、毎日体に直接取り入れる食がどれほどの力があり、大切なものなのかを、講義されました。

 

 

d0183414_204631.jpg

 

私達HANZOYAスタッフは、講義に参加された方々へお出しする穀菜食を、先生のレシピを拝見しながら作らさせて頂きました。

肉や魚といった動物性脂肪や、砂糖を使わない料理は、普段作っている料理とは違い、また新鮮な形で作れました。

『ラタトゥイユ』や『ひじきサラダ』など、全7品です。

 

 

d0183414_2062045.jpg

 

セミナーは、『子供も一緒に楽しめる料理教室』ということで、お子様と参加されているお母様もいらっしゃいました。

これから体を作っていく子供達の基盤となる食べ物。

この時代、さまざまな食べ物が流通している中で、子供達の事を考えた食べ物や料理は、私達シェフも同感です。

食育を考える方、伝える方は料理人だけではなく、さまざまな分野の方々がいらっしゃいます。

そういった方と、『食』について、もっと伝えられる場や機会を設け、どんどん日本の食が豊かになり、そして知識を学べる場が多くなればと考えます。