プレスリリース

2017年夏休みキッズイベントのご案内

2017.6.15 お知らせ

FB_kids2017.jpg

 

☆☆☆
毎年ご好評を頂いております、HANZOYAの夏休みキッズイベント!
今年は 『KID'S FESTA!(キッズフェス!)』 と
名前を変えて新装開店リニューアル!

  

HANZOYA館内で行われる様々なテーマのフロアを
ご自由にまわっていただき、親子一緒の手作り体験♡
 
お子さまの楽しい夏休みの思い出を作れる年に一度のスペシャルデー!
毎年とっても大人気のこのキッズイベント。
今年も定員になりしだい締め切らせていただきますので
ぜひお早目のご予約をお待ちしております♪

☆☆☆

 

◆日程

2017年7月28日(金)
12:00~16:00
(入場〆切 14:00)

 

◆料金

おひとりさま 3800円
各フロアの手作り体験+お食事・ドリンク付

 

◆対象年齢
4歳~12歳
 
※必ず保護者同伴でお願いいたします。

※3歳以下のお子様は付添のみ無料です。
 お食事のご用意が必要な場合はご料金(2000円)を頂戴致します。

 

◆イベント内容

kids-3F.jpg

kids-01.jpgkids-02.jpg

【3F】
『ヘンゼルとグレーテルのおかしの家デコレーション』
 
大人も憧れのおかしの家を実際に作っちゃおう♡
もちろん素材はHANZOYA専門パティスリーがご用意!
味も見た目もかわいいクッキーハウスに
いろんなスイーツで世界に一つだけのかわいいお家に仕上げてね♪
 
※写真は昨年のクリスマスイベントのイメージです。
 実際に今回のイベントでご用意するものとは異なります。
  

 

kids-4F.jpg

kids-03.jpg

【4F】
『おやゆび姫のお庭づくり フラワーアレンジメント』
 
まるで"こびと"になったみたい♡
HANZOYA花工房がご用意したかわいいお花やグリーンを組み合わせて
自分だけの小さなお庭を作っちゃおう♪
 
※写真はイメージです。使用する花材は当日のお楽しみに!
 

 

kids-5F.jpg

kids-04.jpgkids-05.jpg

【5F】
『お城の中でランチタイム!』
 
お城で開かれるパーティにご招待されたみたい♡
おとぎ話のような大広間でカフェテリア形式のお食事を!

 
=フードメニュー例=
ハンバーグ・からあげ・コーンスープ・
パスタ・かわいいお子さまパン など

 

=ドリンクメニュー例=
オレンジジュース・グレープフルーツジュース・
ジンジャーエール・ウーロン茶 など
(ソフトドリンクのみのご用意です)

 

kids-7F.jpg

kids-06.jpgkids-07.jpg

【7F】
『ラプンツェルのオリジナルキャンドルづくり』
 
キラキラ透明ジェルをつかって世界に一つだけのキャンドルづくり♡
ラプンツェルのようなロマンティックな灯りをつくろう!
 

 

◆ご予約・お問い合わせ

株式会社ドリームカムトゥルー企画 HANZOYA
TEL : 045-471-2211(代表)
mail : salon@hanzoya.co.jp

お電話・あるいはメールタイトルにて
「夏休みキッズイベントについて」とお申し付けください。

 

受付時間 10:00~21:00
定休日  月曜・火曜

kids-08.jpg

【活動報告】2025年問題を食べる~介護食を変える嚥下フレンチ勉強会~

2017.5.24 お知らせ

soulage.jpg

 

嚥下調整食対応 コースメニュー
"Le Menu Soulage" ムニュ・スラージュ
試食・意見交換会 開催のご報告

 

- ご挨拶 -

フレンチのシェフとしての経験を活かし、嚥下食開発を始めて4年。

東日本大震災の被災地支援を通じて発足した会「Yokohamaで学びーば」の歯科医師・飯田良平氏や木村貴美氏からの助言や
イーエヌ大塚製薬「あいーと」様の技術協力のもと試行錯誤を重ねてまいりました。

また、ご提供するサービス面でも、バリアフリー対策の他、
実際に特別養護老人ホームや在宅で療養されている方のもとへ訪問診療の先生方と一緒に足を運び
窒息など緊急時の対応についての研修会も行い、
食べることが困難な方への問題を一緒に考えてまいりました。

そして現在では地域の医療関係者様などを中心にこの活動のご理解が進み、
お客様のご紹介とご信頼をいただくようになり、少しずつ地域へ貢献できる可能性を感じています。

このたび、新作コースメニューの試食並びに意見交換を行う勉強会を開催する運びとなりました。
今後の医療や介護の現場にお役立ていただけましたら幸いと存じます。
 

代表 加藤英二

 

 

[日時] 
2017年6月21日(水)
 
19:15~ 受付開始
19:30  開始
22:00  終了予定

 

 

[場所]
フランス料理 HANZOYA 3F

横浜市港北区新横浜3-23-8
TEL 045-471-8989

 

 

[主催]
食の道 ツナギスト代表 加藤英二
(HANZOYA オーナーシェフ)

 

開発パートナー 飯田良平氏
(鶴見大学歯学部 高齢者歯科学講座)

 

 

[特別ゲスト]
金谷節子氏
(金谷栄養研究所所長 嚥下食ドットコム監修・指導)

 

 

[サポートメディア]
佐藤陽氏
(朝日新聞東京本社 Reライフプロジェクト主査)

 

 


今回の勉強会は医療・介護等に関わる企業・団体関係者様向けのご招待制の会とさせていただきます。
一般のお客様のご参加はご遠慮いただいておりますのでご了承ください。

 

なお、一般のお客様におかれましては
フランス料理HANZOYAにて嚥下調整食対応コースのご提供を開始しております。
(ご来店の20日前までに要予約)
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://www.hanzoya.co.jp/restaurant/

TEL 045-471-8989

【新聞】2017年3月24日付朝日新聞に掲載されました

2017.3.24 メディア紹介

去る3/9に横浜エリアでは初めて開催された
「ユニバーサルマナー検定」の様子を
3/24付の朝日新聞神奈川版に取り上げて頂きました。

 

ユニバーサルマナー検定の詳細や その他のメディア掲載につきましては こちらの投稿をご覧ください。
http://www.hanzoya.co.jp/news/media/170316.html

 

 

▽ クリックで拡大

20170324160702951.jpg

ユニバーサルマナー検定の実施について各メディアに掲載されました

2017.3.16 メディア紹介

FB_univarsal.jpgのサムネイル画像

2017年3月9日にHANZOYAにて開催された「ユニバーサルマナー検定」。

オーナーシェフ・加藤の、"すべての方に公平に楽しめる食環境を提供したい..."という想いにより、
検定を実施する日本ユニバーサルマナー協会にHANZOYAビルをご提供させて頂き、
横浜エリアでは初めての開催に至りました。

 
▽ユニバーサルマナー検定について詳しくはこちら
http://www.universal-manners.jp/
 
 
この日はHANZOYA従業員をはじめ、一般のお客様も含め50名が参加。
当日の模様を各メディアにて掲載していただきました。
 

・2017年3月10日 神奈川新聞 及びYahoo!ニュース
http://www.kanaloco.jp/article/236853
 

・2017年3月16日号 港北区版タウンニュース

170316news.jpg

 
HANZOYAでは今後も"食のフレキシビリティ化"をテーマに様々なイベントやセミナーを行っていきます。
皆様のお気軽なご参加を心よりお待ちしております。

ユニバーサルマナー検定3級試験開催のお知らせ

2017.2.10 お知らせ

FB_univarsal.jpg


「ユニバーサルマナー検定」という資格をご存知でしょうか?

高齢者や障害者、ベビーカー利用者、外国人など、多様な方々を街で見かける現代。

このような多様な方々に向き合うための、

これからの世の中には欠かせない視点や行動を学び、身に着けることを目的とした検定です。

現在、サービス業を中心とした大手企業各社でも導入されている

非常に注目度の高い検定試験です。



今回、横浜エリア初!のユニバーサルマナー検定試験(3級)会場に
HANZOYAをご利用頂く運びとなりました。

もちろんHANZOYAスタッフも全員受験致します。

一般の方々の受験も可能です。

皆様ぜひふるってご参加ください!



【日時】

2017年3月9日(木)

9:30 試験開始

11:30 終了予定


【場所】

HANZOYAビル 4F


【試験内容】

ユニバーサルマナー検定試験 3級

http://www.universal-manners.jp/


univarsal.jpg


【受講費】

5000円



◆特徴1

自分とは違う誰かの視点に立ち、行動する人を育てます

ユニバーサルマナーの実践に必要な「マインド」と「アクション」を体系的に学び、身につけるための検定です。

声がけやコミュニケーションを行うには、多様な人々の特徴や心理状況を知ることから始めます。

その上で、ケースバイケースの適切なサポート方法を学ぶことができます。


◆特徴2

障害のある当事者がカリキュラムを監修しています

車いすを押すという一つのサポートでも「かける言葉」「歩くスピード」など細かいことを工夫すると、乗っている人の安心感は変わります。

ユニバーサルマナー検定では、障害のある当事者講師がカリキュラムを監修しています。

本当に喜ばれる細やかな配慮を身につけられるのは、当事者視点ならではのこだわりと発想があるからです。



【お申込みはこちら】

ユニバーサルマナー検定 公式ページ

(3/9 横浜会場をお選びください)

http://www.universal-manners.jp/schedule