お知らせ

日本栄養経営実践協会主催のセミナー【施設におけるカロリー&コストに配慮したフレンチシェフの提案メニュー】実習講師

2018.6.14 お知らせ

1528878446-368523_1.jpg

 

去る5月14日の座学に続き、調理実習と実食のセミナーを行いました。
病院や施設で条件となるカロリーとコストに配慮したメニュー(スラージュ)を4品提案。
・クヌギ鱒のオイルバス ゆかり ブラックオリーブと鮑の肝のクネル セロリのブイヨン
・南瓜のエキューム カニとマッシュルームの冷たいグラタン仕立て
・ジャガイモの冷たいスープ 独活風味の冬瓜とEVオリーヴオイル
・パンスフレ

嚥下調整食は柔らかいものが多く食べ飽きたり満足が足りなくなりがちなので、香りや見た目や季節感を意識したトッピングのコツや、少しだけ食べ応えのある食材について話しました。
実習室のご協力を頂いた町田調理師専門学校の生徒も参加し、賑やかな実習となりました。