メディア紹介

【南海日日新聞】調理実習の模様が掲載

2019.3.13 メディア紹介

2019年2月20日に奄美大島にて行われた『奄美の食材を生かした高齢者の食事作り』(奄美大島北大島地区栄養士会主催)が、南海日日新聞に掲載されました。

 

調理実習の模様と共に加藤のスラージュ開発の経緯や「病院食、介護食という境界線を作らずに、自分が食べたいと思えるものを作ることが大切」という理念をご紹介いただきました。

 

フレンチシェフ講師に調理実習.jpg

 

2月20日(水)、鹿児島県奄美大島の北大島地区栄養士会からのご依頼を受け、奄美大島にて調理実習研修会の講師を致しました。
名瀬保健所管内集団給食協議会との合同研修会ということで、管理栄養士だけでなく多くの調理師の方々も含め約50名での調理実習となりました。

テーマは「奄美の食材を使用するスラージュ」。
実習したメニューは「黒豚のリエット」「グルクン・クネル 甲殻類 ソース」「タンカン クレームブリュレ」「みき スムージー」の4品。
加藤にとっても奄美の食材は未経験のものもあり、事前に奄美から様々な食材を取り寄せて試作を重ねて実現しました。
特に「みき」は健康食材としても有名で奄美の特産ですが、実習ではニンジン、小松菜、ケール、紅菜苔、青リンゴも混ぜ「スムージー」にしたところ、奄美現地の方たちにも新鮮だったようで、「嚥下が弱くなって野菜が取りづらい方にもこれならいける!」と大好評をいただきました。