【6/15.Fri】視覚障害者と盲導犬
食のフレキシビリティ計画セミナー

食のフレキシビリティ計画セミナー

HANZOYAではハンディキャップをお持ちの方にもお食事を楽しんでいただくために
ハード面・メニュー面ともに向上に努めています。
さまざまなひとの違いを「個性」と受け止め、
それに合わせた対応や食の提供ができる個人と食環境の育成を目指し、
HANZOYA従業員と一般のお客様がともに参加できるセミナーを毎月開催しております。

食のフレキシビリティ計画セミナー6月の会
テーマ「視覚障害者と盲導犬」

盲導犬の受け入れと聞くと、
「犬」に対しての対応という印象を受ける方が多いかと思います。
しかし、盲導犬を受け入れるということは「犬」ではなく
「人」を受け入れるということに他なりません。
 
目が見えない・目が見えにくい方にとって、
ひとりで出かけるということは大変なことです。
それでも自分らしく生きるために外を歩きます。
 
その歩行の手段のひとつが盲導犬です。
盲導犬と外出される方々が行きたいときに
行きたい場所へ出かけておいしい食事をしたり
楽しい時間を過ごせる社会にするために、
盲導犬の受け入れが必要なのです。
 
そういった意味で盲導犬の受け入れは「犬」ではなく「人」の受け入れです。
視覚障害者が楽しくおいしく食事できるお店を作るために、
盲導犬ユーザーに対する正しい対応について学びましょう。

◆日時

2018年6月15日(金)10:00~11:30

10:00~10:30 講義
10:30~11:15 実技(盲導犬ユーザー碇谷さんを誘導する体験)
11:15~11:30 質疑応答

◆場所

レストランHANZOYA

◆参加費

無料
※要予約 詳細は下記をご覧ください。

◆講師

公益財団法人 日本盲導犬協会 神奈川訓練センター
普及推進部 山本ありさ氏

日本最大級の盲導犬育成施設である「日本盲導犬協会神奈川訓練センター」は、
盲導犬だけでなく訓練士も育成し、協会の拠点として機能。
各地のイベントや学校などを訪れ、盲導犬と視覚障害の理解促進のための、
普及・啓蒙活動に努める。

※現役の盲導犬ユーザー・盲導犬にもお越しいただきます。

※写真:公益財団法人日本盲導犬協会HP引用
https://www.moudouken.net/

― 食のフレキシビリティ計画とは? ―

年齢やアレルギー、ハンディキャップ、宗教など、
食事に制限のある方にも公平に食べることを楽しんで頂きたい。
真っ当に生産された食品をその人それぞれに合わせた調理法や
サービスで提供するという、フレキシブルな食環境づくりを推進します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ご予約はこちら

レストランHANZOYA
045-471-8989
 
メール予約の方はこちらのコンタクトフォームをご利用ください。
(外部サイトへジャンプします)
http://www.tsunagist.jp/contact/

Share on

  • LINE