【8/23.Thu】ろう・難聴の方との楽しい
コミニュケーション

食のフレキシビリティ計画セミナー 8月の会

HANZOYAではハンディキャップをお持ちの方にも
お食事を楽しんでいただくために、
ハード面・メニュー面ともに向上に努めています。
さまざまなひとの違いを「個性」と受け止め、
それに合わせた対応や食の提供ができる個人と食環境の育成を目指し、
HANZOYA従業員と一般のお客様が
ともに参加できるセミナーを毎月開催しております。

食のフレキシビリティ計画セミナー 8月の会
「 ろう・難聴の方との楽しいコミニュケーション」

聴覚の障害は見た目ではわかりづらいことがあります。
声をかけても聞こえていないことや、
何か伝えたくても話せないということが多く
どのようなコミュニケーションを取ればいいのか
周囲も戸惑うのが現状です。
 
実際に街中でどのようなことに困っているのか、
当事者から本音をお聞きし、
どのようなサポートが適切なのかを共に学びたいと思います。

[日時]

2018年8月23日(木) 10:00~11:30

[場所]

レストランHANZOYA

[参加費]

無料
※要予約 詳細は下記をご覧ください。

◆第一部
10:00~10:45 セミナー
 
◆第二部
10:45~11:30頃 コミュニケーションタイム

 
[講師]

松本 大輔 氏

3歳で聴覚障害が判明。
群馬県立聾学校卒業後、東海大学へ。
関東聴覚障害学生懇談会(学生団体)で聴覚障害の大学生と活動。
横浜市立聾学校(源・横浜市立ろう特別支援学校)の教諭を経て
2016年より横浜市立港南台ひの特別支援学校に勤務。
一般社団法人横浜市聴覚障碍者協会理事としても活動中。
4児の父親でもある。
 
通訳:石黒 映子 氏
神奈川県立高校の英語教師を経て平塚ろう学校へ。
手話通訳の資格を取得し、神奈川県と茅ヶ崎市で通訳者登録。
現在は横浜市ろう特別支援学校勤務の傍ら手話通訳としても活動中。

― 食のフレキシビリティ計画とは? ―

年齢やアレルギー、ハンディキャップ、宗教など、食事に制限のある方にも公平に食べることを楽しんで頂きたい。
真っ当に生産された食品をその人それぞれに合わせた調理法やサービスで提供するという、フレキシブルな食環境づくりを推進します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ご予約はこちら

レストランHANZOYA
045-471-8989
 
メール予約の方はこちらのコンタクトフォームをご利用ください。
(外部サイトへジャンプします)
http://www.tsunagist.jp/contact/

Share on

  • LINE